パイナップルでやせられる?

新パイナップルでやせる本-ビバリーヒルズ・ダイエット」で有名になったダイエット法です。しかし、よく読んでみると、パイナップルばかりを食べなさいというものではなく、パパイヤ・マンゴー・キウイ・柿などを中心とした食事を、決められた方法で5週間続けなさいというものでした。結局は「果物でやせる」という方法と似た観点に立つものです。

 

A.まちがい
 ちょっと考えただけで、長続きはしないと思われる理由が上がってきます。
例えば
・淡白な味ではなく、そのうち飽きが来る。
・パイナップルの酸味で舌がおかしくなり、食べ続けられない。
・タンパク質・脂質・種々のビタミンなどの不足が心配。
・果物だけでは満足感が得られにくい。
・1日中同じ果物を食べ続ける事は、社会生活上も不可能。
 また、パイナップルがいいという理由に、果物を「酵素果物」と呼び「脂肪を分解する」としています。しかしこれについては科学的根拠が全くありません。

 

出典 まちがいだらけのダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 保健同人社 発行

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鈴木吉彦医学博士。糖尿病分野で名医ランキング2016〜2023まで、常に掲載。Best Doctor  慶応大学医学部卒。
元、日本医科大学客員教授。現、HDCアトラスクリニック院長。
毎月通院糖尿病患者数1000名以上の糖尿病外来と併行しGLP1ダイエット外来の運用責任者
英文論文は沢山:IP:400以上。70冊以上の書籍の出版経験をもつ。累計100万部以上の書籍を出版。主たるサイト:
ホームページはここをクリック
https://www.glp1.com/
GLP1製剤「サクセンダ」について解説。未承認のGLP1製剤については、その危険性についても解説。現在、世界で最も注目されている糖尿病+肥満(Diabesity)やメタボ+肥満(Metabesity) を専門とする内科医師。
お申し込みはここをクリック

目次
閉じる