正しいダイエット実践の基本⑤ 1日に200~300Kcalのエネルギーを消費するだけの運動をする

適度な運動は食事療法の効果を高めることができます。つまり、“エネルギーむだづかい”がじょうずになって、太りやすい代謝状態を太りにくい代謝状態にかえる働きがあるのです。

 

 適度な運動とは、1日に200~300kcalを消費する運動です。これを無理のない形で、できるだけ毎日行うようにします。下ページの表は、100kcalを消費するのに必要な運動の目安を示したものです。この中から自分の実行しやすい運動を選び、毎日実行するようにしましょう。

 

 また、日常生活の中で、体を動かす習慣をつける事も大切です。マイカーの通勤やタクシー利用をやめ、会社でもエレベーターに乗らず階段を利用するなど、ちょっとしたことに気を配って、おっくうがらずにできるだけ体を動かすように心がければ、かなり運動の効果を期待できます。

 

 なお、なわ跳びやジョギングなど比較的きつめの運動をするときは、ダイエット開始後2〜3週間目からにすること。減量に体を慣らしてからでないと体調をくずすことにもなりかねません。

 

出典  最後のダイエット

鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行

最新情報をチェックしよう!
>HDCアトラスクリニック 院長鈴木吉彦

HDCアトラスクリニック 院長鈴木吉彦

HDCアトラスクリニックの院長鈴木吉彦です。 GLP1ダイエットをご紹介するサイトです。沢山の役立つ情報が満載です。