サウナスーツダイエット

Q. 身長が155cm、体重55kg、プヨプヨした水太りタイプです。私のようなタイプは、体から水分を出してやるのがいちばんと、サウナスーツダイエットは水分がほしくなります。

 

 これは、痩身用のサウナスーツを家にいる間じゅう着用してたくさん汗をかく方法です。
一週間たったいま、体重は1kg減少。でも肌はガサガサ、体もフラフラします。おまけに、あせもだらけで痛いやら、かゆいやら、あせもを出さずに続けられる良い方法はないものでしょうか。

 

A 汗を流せば、確かに水分は体の外に出ます。その分、体重も一時的には減少します。しかし、人間は汗を出したままの状態では脱水症状を起こしてしまうもので、その後には必ず水分が欲しくなるものです。こうして水分をとって仕舞えば、体重はすぐまた元に戻ってしまいます。“肥満”というのはあくまでも、脂肪の多い、少ないで決まるもの。ですから、このような水分だけの増減は医学的にはやせたことにはなりません。

 このほか「サウナで汗をかく」「やせたい部分にラップを巻く」「通気性の悪いランニングウエアを着て走る」といったダイエット法も同じです。いずれも単に体の水分を減らすだけですから、決して痩せることにはなりません。

 また、あなたがいうような、“水太り“というのは、医学的にはあり得ません。人間の体は約60%が水分です。その量はほぼ一定に保たれるように調整されています。もし、ほんとうに水分が体内にたまって太っているとしたら、それは心臓や腎臓の病気の可能性があり、ダイエットどころか治療が必要です。とにかく、無意味なダイエット法はいますぐやめるべきです。

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鈴木吉彦医学博士。糖尿病分野で名医ランキング2016〜2023まで、常に掲載。Best Doctor  慶応大学医学部卒。
元、日本医科大学客員教授。現、HDCアトラスクリニック院長。
毎月通院糖尿病患者数1000名以上の糖尿病外来と併行しGLP1ダイエット外来の運用責任者
英文論文は沢山:IP:400以上。70冊以上の書籍の出版経験をもつ。累計100万部以上の書籍を出版。主たるサイト:
ホームページはここをクリック
https://www.glp1.com/
GLP1製剤「サクセンダ」について解説。未承認のGLP1製剤については、その危険性についても解説。現在、世界で最も注目されている糖尿病+肥満(Diabesity)やメタボ+肥満(Metabesity) を専門とする内科医師。
お申し込みはここをクリック

目次
閉じる