GLP1を持続的に注入しつづけると?

私が出版した書籍「インクレチン関連の臨床」(著:鈴木吉彦、他。監修:鈴木吉彦)11ページには、この内容の解説があります。GLP1を持続的に注入しつづけると、インスリン分泌が増します。グルカゴン分泌は低下します。

インスリンは脂肪合成に作用します。
グルカゴンは脂肪分解に作用します。

ですから、GLP1を投薬すると、グルカゴン分泌は低下し、脂肪分解に作用する力は弱まり、インスリンが増える事により脂肪合成に作用する力が強まります。

これを、一言でいうと、「GLP1注射は、脂肪分解には働かない」という事になります。

ですから、

「GLP1は、脂肪を分解します!」と記載しているクリニックサイトの、ほとんどは、誤った情報を垂れ流しているということになります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鈴木吉彦医学博士。糖尿病分野で名医ランキング2016〜2023まで、常に掲載。Best Doctor  慶応大学医学部卒。
元、日本医科大学客員教授。現、HDCアトラスクリニック院長。
毎月通院糖尿病患者数1000名以上の糖尿病外来と併行しGLP1ダイエット外来の運用責任者
英文論文は沢山:IP:400以上。70冊以上の書籍の出版経験をもつ。累計100万部以上の書籍を出版。主たるサイト:
ホームページはここをクリック
https://www.glp1.com/
GLP1製剤「サクセンダ」について解説。未承認のGLP1製剤については、その危険性についても解説。現在、世界で最も注目されている糖尿病+肥満(Diabesity)やメタボ+肥満(Metabesity) を専門とする内科医師。
お申し込みはここをクリック

目次
閉じる