こんなによくなる!糖尿病 驚きの「インクレチン」新薬効果 目次

2021/02/06 15:03

当院の院長が2010年に執筆した
『こんなによくなる!糖尿病 
驚きの「インクレチン」新薬効果』目次を掲載します。

この機会に、インクレチンの「GLP-1」について知識をご確認ください。

編集協力 漆原次郎

装丁・本文デザイン フロッグキングスタジオ
図版・イラスト 二階堂ちはる

こんなによくなる! 糖尿病 驚きの「インクレチン」新薬効果  目次

序章 新薬が糖尿病の常識をくつがえす 9
新薬がパラダイム転換を起こす 10 
「インクレチン」が真の糖尿病治療を実現 11 
東京の中心地の糖尿病センターから 12 
 血中の糖が減らない病が糖尿病 14 
         神経、眼、腎臓に合併症 16 
         大切な「ヘモグロビンA1c6・1%」という境界線 18 
「糖尿病は治療できる」を実感してほしい 21 

第1章 出逢いは「9・11」と「トカゲ」から 23
毒トカゲの唾液からインクレチンに似た物質が 25 
インクレチンはブドウ糖が腸を通過すると出てくる 26 
インクレチンに2種類、GIPとGLP−1 29 
グルカゴンのようだけれど、グルカゴンと逆の働き 30 
GLP−1には糖尿病を治す四つの特徴あり 31 
あっという間に消えてしまう弱点も 34 
毒トカゲの唾液はいちはやく新薬に 35 

第2章 「高血糖のメモリー」消去へ。前人未到の挑戦 39
DPP−4がGLP−1の鎖を切ってしまう 40 
「DPP−4阻害剤」が使われ始めた! 44 
これまでの糖尿病治療には課題が 46 
2型糖尿病の患者さんにもインスリン注射 48 
「低血糖」が従来治療の最大の課題 49 
DPP−4阻害剤は課題を解決した薬 50 
もう一つのインクレチン新薬「GLP−1アナログ製剤」 54 
GLP−1アナログ製剤に「使用上の注意」も 55 
DPP−4阻害剤で勃起不全が改善! 57 
発疹や便秘という副作用も 59 
「糖尿病は不治の病」は「高血糖の記憶」説から 60 
「高血糖の記憶」に挑戦する 62 

第3章 患者さんが教えてくれた「前人未到への登り方」 67
5・6%以上で予備群、6・1%以上で糖尿病型 68 
2009年12月「シタグリプチン」の投与を開始 71 
おにぎり1個がフルコースに 72 
ついに、5%台に突入! 75 
5%台に戻れば合併症は治り出す 78 
DPP−4阻害剤とメトフォルミンに相乗効果 79 
“チャンピオン”は13%以上から5%台に 80 
患者さん同士が励まし合う効果は大きい 83 
「熱心な患者さんが増えてきました」 84 
「ちょこちょこ」に「なるほど!」 85 
「お腹が減ってきたら80キロカロリー」で低血糖を防ぐ 87 
患者さんとともに前人未到の最高峰を登る 89 

第4章 変わる、薬の使い方 91
「メトフォルミン」の活用でGLP−1の効果を引き出す 93 
「SU剤」は切れ味を期待する場合に 94 
「ピオグリタゾン」はメカニズムが異なる薬と併用する意義が高い 96 
「速効型インスリン分泌促進剤」は低血糖が怖い方に 97 
「α−グルコシダーゼ阻害剤」に水素ガス発生作用 98 
「インスリン治療」は将来、単なる補充療法になるかもしれない 99 
「GLP−1アナログ製剤」と併用できる治療薬 100 
6カ月は使い続けてみてください 102 
開業医が糖尿病を診療する時代へ 104 

第5章 「糖尿病完治の時代」の未来像 107
「不治の病ではないことを知らなかっただけ」 108 
「治療は根拠に基づくべき」 110 
「本人が希望するなら、5・5%以下を目指してよい」 111 
血糖値の降下目標を自分で選択する時代へ 112 
いま、治療の基本は食事療法と運動療法 113 
食事療法と運動療法は血糖値を「下げるため」から「上げないため」へ 114 
「血糖値を下げる栄養指導の時代は終わりに近づいている」 115 
「太るから糖尿病になる」のでなく「糖尿病だから太る」 116 
真の治療が社会を救う 118 

第6章 「治る」時代が目前に迫ってきた! 123
β細胞を増生することで糖尿病を治す 125 
次世代新薬「SGLT−2阻害剤」誕生へ 127 
「糖尿病は完治する」と誰もが思える時代がやってくる! 129 

第7章 地球温暖化を前に夏には冷水の準備を 133
猛暑で運動不足、夏は治療の大敵 134 
汗で水分が減り、血糖値が上がる 136 
おしっこの量を見て水分補給の判断を 137 

あとがき 141

朝日新聞出版、書籍 こんなによくなる!糖尿病 驚きの「インクレチン」新薬効果 

2010年初版、著者:鈴木吉彦、目次ページより、引用転載

日本で糖尿病名医ランキング、クリニックとしては長年1位だったベテラン医師が、サクセンダの安全性と有効性を加味しながら情報発信していくブログです。既にPVは25万を超えて、多くの読者がいます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鈴木吉彦医学博士。糖尿病分野で名医ランキング2016〜2023まで、常に掲載。Best Doctor  慶応大学医学部卒。
元、日本医科大学客員教授。現、HDCアトラスクリニック院長。
毎月通院糖尿病患者数1000名以上の糖尿病外来と併行しGLP1ダイエット外来の運用責任者
英文論文は沢山:IP:400以上。70冊以上の書籍の出版経験をもつ。累計100万部以上の書籍を出版。主たるサイト:
ホームページはここをクリック
https://www.glp1.com/
GLP1製剤「サクセンダ」について解説。未承認のGLP1製剤については、その危険性についても解説。現在、世界で最も注目されている糖尿病+肥満(Diabesity)やメタボ+肥満(Metabesity) を専門とする内科医師。
お申し込みはここをクリック

目次
閉じる