序章 新薬が糖尿病の常識をくつがえす

序章 新薬が糖尿病の常識をくつがえす

 研究と治療という両面から、私は糖尿病と長いこと格闘してきたわけです。しかし、いまほど糖尿病の治療に対して希望と興奮を感じるようなことは、これまでにありませんでした。

 なぜ、それほど興奮しているのかというと、次のようなことを患者さんに言うことができるようになってきたからです。

「真の意味で糖尿病を治療する、新しい薬が使われ始めました!」

「この新薬は、いままでの治療につきものだった数々の問題をクリアしています!」

「そう遠くない将来、糖尿病治療に革命的な変化が確実に起きます!」

 医療や科学の世界には「パラダイム」という言葉があります。「一時代を支配する考え方の枠組み」などという意味があります。その分野に携わる誰もが「それは当然のこととして」といった感覚で受けとめている雰囲気のことで、かんたんに言えば「常識」と似ているかもしれません。

 これまでの糖尿病の医学や医療の世界には、「糖尿病は不治の病である」というパラダイムがありました。これは、本編で詳しくお話しする「高血糖の記憶」という体のしくみと関係しています。糖尿病かどうかの判断基準となる値を努力して下げても「高血糖の記憶」が残ってしまい、結局は糖尿病による合併症が起きてしまうということがありました。いわば、洋服に付いた染みを、いくら洗い落とそうとしても取れないようなものです。それを、私ども医療従事者も、糖尿病と闘っている患者さんも「それは当然のこととして」と、なかば諦めていたのです。

 しかし、この本で紹介する新しい薬を使えば、「高血糖の記憶」という染みを効果的に消せることが、徐々にわかってきました。こうなると、糖尿病治療のパラダイムも変わってきます。「糖尿病は不治の病である」というパラダイムが、「糖尿病は治療できる病気である」という新しいパラダイムに移ってくるわけです。

 新しいパラダイムの下では、「自分は、ここまで値を下げることを目指そう」と、患者さんが目指す状態を自らで選ぶこともできるようになります。あるいは、これまでの糖尿病の治療に欠かせなかった運動や食事の取り組みも、「“主”は薬による治療。“従”として運動療法と食事療法」といったように、位置付けが変わってくることになります。

 糖尿病のパラダイムを変える“主役”は何でしょう。それは、この本の書名にもある「インクレチン」というホルモンです。

 ホルモンとは、体の中の器官でつくり出される、ごくごくわずかな量の物質のことです。体のある器官でつくり出されたホルモンは、血管などを通って別の体の部分までたどり着きます。ホルモンはたどり着いた先で、体に何らかの働きかけをします。

 本編で詳しくお話ししますが、インクレチンは小腸などの消化管でつくられるホルモンです。実は、20世紀の前半から、すでに体の中に存在することは知られており、その働きもわかっていました。ここではまだ詳しく触れませんが、「膵臓からのインスリンというホルモンの分泌を促す」という効果がインクレチンにはあったのです。

 その後、インクレチンにもいくつかの種類があることがわかってきました。そして1980年代になると、そのうちの一種類の物質が、とても不思議で魅力的な効果を持っていることがわかったのです。

 そのインクレチンの不思議で魅力的な効果を基に、開発されたのがこの本で紹介する、パラダイムを変える力を持った新薬なのです。

 私は、糖尿病の治療とともに、糖尿病のしくみを研究する仕事にも長らく関わってきました。そうした関係から、製薬会社が開発した薬が世の中に広く出まわる前に、「効き目があるのかどうか」または「使っても安全かどうか」といったことを、患者さんの協力のうえで試験する仕事にも携わってきました。試験の最終段階として、限られた数の患者さんに実際に薬を使ってもらい、「やはり効き目もあるし、安全性も問題ない」と確かめられれば、製薬会社は国から「その薬は製造と販売をしてよろしい」と承認を受けることになります。

 今回、私は、このインクレチンを基にした新しい糖尿病の薬を、製薬会社からの依頼を受けて試験することになったのです。そして、外来でいらっしゃる患者さんに協力してもらい、試験をしました(これを治験と呼びます)。その結果、「真の意味で糖尿病を治療できる時代が始まった」という実感を得たというわけです。

 東京の中心地に千代田区・半蔵門という地区があります。江戸時代、江戸城の警備を任されていた「服部半蔵」の屋敷があったことから「半蔵門」と名付けられました。地下鉄半蔵門線の駅があり、オフィスなどで賑わいますが、少し歩くと皇居の内堀や英国大使館、また桜で有名な千鳥ヶ淵などがあります。東京の中心地とは思えない、緑豊かな街です。

 2010年4月、私は、この半蔵門の地で「HDCアトラスクリニック」という新しいクリニックを開きました。

 クリニックの名前の頭にある「HDC」は、“Hanzomon(半蔵門)Diabetes(糖尿病) City(都市型の、街の中の)”の頭文字をとって略語にしたものです。米国には「国際糖尿病センター」という有名な機関がありますが、英語では、“International Diabetes Center”で、略語にすると“IDC”。私どものクリニックがこのIDCのような存在に近づきたいという期待もありました。

 半蔵門に来る以前は、東京都済生会中央病院という病院で糖尿病の患者さんの治療に当たっていました。きちんと数えたことはありませんが、これまで診察させていただいた糖尿病の患者さんは、数千人から1万人ほどになるのではないかと思います。さらにさかのぼると、私は、慶應義塾大学医学部、日本医科大学、東京女子医科大学糖尿病センター、国立栄養研究所などの大学や研究機関で、糖尿病に関する研究に携わってきました。

朝日新聞出版、書籍 こんなによくなる!糖尿病 驚きの「インクレチン」新薬効果 

2010年初版、著者:鈴木吉彦、10から13ページより、引用転載」

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鈴木吉彦医学博士。糖尿病分野で名医ランキング2016〜2023まで、常に掲載。Best Doctor  慶応大学医学部卒。
元、日本医科大学客員教授。現、HDCアトラスクリニック院長。
毎月通院糖尿病患者数1000名以上の糖尿病外来と併行しGLP1ダイエット外来の運用責任者
英文論文は沢山:IP:400以上。70冊以上の書籍の出版経験をもつ。累計100万部以上の書籍を出版。主たるサイト:
ホームページはここをクリック
https://www.glp1.com/
GLP1製剤「サクセンダ」について解説。未承認のGLP1製剤については、その危険性についても解説。現在、世界で最も注目されている糖尿病+肥満(Diabesity)やメタボ+肥満(Metabesity) を専門とする内科医師。
お申し込みはここをクリック

目次
閉じる